イベント・セミナー

2015.12.07

プロゴルファーへのPRP療法

日時 2015年12月4日(月)13時~
場所 さかえクリニックLABO&診療室
被験者 和田正義(プロゴルファー)
施術者 末武信宏
PRP使用キット MyCells(Kayligth 社、Israel)
協力 ベリタス株式会社
目的 PRP治療のプロトコール作成 治療効果、術後経過の検討

左上腕骨外側上顆炎による痛みで、2015年LDA世界ドラコン選手権大会日本大会メジャーリーグで優勝された、和田正義プロへの1回目のPRP療法を施術いたしました。

和田プロへの採血時

肘静脈からの採血後 300rpm✕7分 MyCells(Kaylight社、ISRAEL)のキットを使用し0.6ccのPRPを作成。
施術前に軽度の圧痛を感じるポイントをマーキング。各0.1cc ポイントへ注射を施行。3日間の安静後、痛みがなければ運動許可し経過の報告を頂きます。

和田プロへのPRP療法施術

関連記事Related Article