イベント・セミナー

2016.02.02

植松仁氏による企業コーチング報告

1月22日、新潟県中之島町において、植松仁氏が地元建築部会を対象に企業コーチングを行いました。研修についてと研修中や懇親会で頂いた意見を報告いたします。

プロフェッショナル思考について

「プロフェッショナル思考」とは、アスリートが持つ課題志向や戦略的思考、モチベーション・コントロールなどをビジネスに転嫁したものです。

成果への要件

  1. モチベーション
  2. 知識・経験・技術
  3. 役割認識
  4. 仕事への愛着(コミットメント)
  5. 自律行動(自己管理)

各々について考え方や高め方を伝えました。最後に、自律行動(自己管理)について、何をどのように管理するのかを個人ワークで体験して頂き、実践的な学びを得て頂きました。

受講者からは、「スポーツの戦略とビジネスの戦略が同じであることが分かった」、「スポーツに例えることで、とても分かり易かった」、「またスポーツ経験者の話を聴きたい」などの声をいただきました。企業コーチングは、①アスリートの人的資源の向上と、②アスリートの引退後の雇用拡大を目的にした取り組みです。こうした中、ビジネスとの類似性や分かり易さを評価して頂いたことに価値を感じました。

アスリートのセカンドキャリアについて啓蒙活動

アスリートのセカンドキャリア問題について、「情報がないからわからない」、「どうすればアスリートが助かるのか分からない」などの意見を頂きました。また、アスリートのイメージについて「素直」、「体力がある」といったポジティブなイメージを持ちつつも、「我が強そう」、「指示に従ってくれなさそう」などのネガティブな意見を頂きました。こういったイメージは各所で聞かれ世間のイメージと一致すると考えられます。このようなイメージを払拭するためにも、セカンドキャリア支援を通じて、アスリートが引退後も活躍している姿を世間に広めていく必要があると認識しました。

AMSAの活動について

AMSAの活動について、腸内環境や自律神経の持つパフォーマンスの向上や健康増進、ビジョントレーニング、障害者支援、アスリートのセカンドキャリア支援などについて説明させて頂きました。受講者の方々は一様に「興味がある」との反応で、「メダルが取れるようなトレーナーや指導者を育成してほしい」などの声を頂きました。

 

関連記事Related Article