代表あいさつ

2020年、東京でオリンピック・パラリンピックが開催されることが決まりました。また、その前年には、オリンピック、サッカー・ワールドカップと共に「世界三大スポーツイベント」と称されるラグビーのワールドカップも日本で開催されます。こういった世界的なスポーツイベントを数年後にひかえ、スポーツへの関心は日に日に高まっています。

しかし、スポーツが大きな注目を集めている一方で、その主役となるアスリート、そして彼らを支えるサポートスタッフの置かれている環境は、必ずしも整っているとは言えません。メディアから注目を集める人気競技でも、競技のみに集中できる環境を持つアスリートは、ごく一部に限られています。コーチングや体のケア・治療などのサポートを十分に受けられず、最高のパフォーマンスを発揮することができずにいるアスリートが大勢いるのが、現状なのです。

また、競技力アップに欠かせないコーチやトレーナーが、種目の枠を超えた交流の場をなかなか持てないことも問題となっています。競技の種目は違えども、応用できる戦術やトレーニング法、ケア法は存在します。そういった情報を種目の枠を超えて共有できれば、新しい視点・知識を得ることができ、コーチングやケアのレベルアップに役立てることができます。ところが、このようなコーチ・トレーナーのレベルアップの場が国内にはなかなかない、という現実があります。

そういった現場での声を受け、わたしたちは「一般社団法人 先端医科学スポーツアカデミー(Advanced Medical Sports Academy:AMSA)」を設立致しました。

日頃、わたしたち医師が病院で行っている「チーム医療」のように、医師・歯科医師・看護師・コーチ・トレーナー・鍼灸師・柔道整復師が、それぞれの専門性を活かし、一つのチームとして連携してアスリートをサポートできる環境を整えていくことが設立の目的です。

AMSAから自律神経と腸内環境を中心とした医学的根拠のあるトレーニング・コンディショニング法などを発信し、教育・指導を通じ、アスリートやコーチ・トレーナーが競技の種目を越え、コミュニケーションを持ち、国際競争に打ち克つための競技力アップに役立てられる場を提供して参ります。

 

一般社団法人先端医科学スポーツアカデミー

代表理事 小林 弘幸