エビデンスのある、先進的なスポーツトレーニング及びスポーツ医学に関する研究
ならびに科学的知識および技術の普及啓発を行うと共に、
アスリートの教育を通じた人材活用、
スポーツの活性化、日本のスポーツ競技の国際的地位向上を図り、
国民の健康と福祉の増進に寄与することを目指しています。

一般社団法人
先端医科学スポーツアカデミー
代表理事
順天堂大学 教授
小林 弘幸

スポーツが大きな注目を集めている一方で、その主役となるアスリート、そして彼らを支えるサポートスタッフの置かれている環境は、必ずしも整っているとは言えません。メディアから注目を集める人気競技でも、競技のみに集中できる環境を持つアスリートは、ごく一部に限られています。コーチングや体のケア・治療などのサポートを十分に受けられず、最高のパフォーマンスを発揮することができずにいるアスリートが大勢いるのが、現状なのです。

また、競技力アップに欠かせないコーチやトレーナーが、種目の枠を超えた交流の場をなかなか持てないことも問題となっています。競技の種目は違えども、応用できる戦術やトレーニング法、ケア法は存在します。そういった情報を種目の枠を超えて共有できれば、新しい視点・知識を得ることができ、コーチングやケアのレベルアップに役立てることができます。処が、このようなコーチ・トレーナーのレベルアップの場が国内にはなかなかない、という現実があります。

そういった現場での声を受け、わたしたちは「一般社団法人 先端医科学スポーツアカデミー(Advanced Medical Sports Academy:AMSA)」を設立致しました。

一般社団法人
先端医科学スポーツアカデミー
副代表理事
さかえクリニック 院長
末武 信宏

長年 スポーツ医療に携わってきましたが、医療関連領域のアスリートのサポート体制はとても満足できる環境ではありません。アスリートを指導される立場にある指導者やトレーナーの皆様も経験による指導が多く最先端のスポーツ医学情報やトレーニング法の情報も伝わっていないのが現状です。

スポーツ現場では、国家資格を持たないトレーナーの皆様が自分の経験をもとに創意工夫されアスリートの指導に取り組まれていますが、私どもは各専門医を中心としまして2020年を見据えてエビデンスがあるトレーニング法、コンディショニング法の普及を専門医や栄養士、鍼灸師、柔道整復師、理学療法士、フィジカルトレーナーの方々と情報を共有しながらチーム医療同様のチームサポートを実施できる環境づくりに努めます。

AMSAはスポーツ医学をバックグラウンドとしましてアスリートの皆様のあらゆるニーズにも対応できる学術的な研究や講習会などを実施し会員の交流を図り日本のスポーツ力を向上させるために発足しました。是非、この新しいスポーツの取り組みにご関心がある方はAMSAへご入会ください。

最新記事News

入会のご案内
本アカデミーの趣旨に賛同いただける方

先端医科学スポーツアカデミーへの入会

資格認定制度
AMSAでは所定のカリキュラムを受講し合格をした方に、
AMSA認定の指導員、トレーナー、講師の資格を与え、
AMSAの理念を広く普及するための活動を行っていただいております。

資格認定制度