エビデンスのある、先進的なスポーツトレーニング及びスポーツ医学に関する研究
ならびに科学的知識および技術の普及啓発を行うと共に、
アスリートの教育を通じた人材活用、
スポーツの活性化、日本のスポーツ競技の国際的地位向上を図り、
国民の健康と福祉の増進に寄与することを目指しています。

最新記事News

 2020年、いよいよ東京オリンピックが開催されます。全ての人が夢と希望をもって、輝ける日を迎えようとしていますが、本当に全ての人が、その光の中にいるのでしょうか。
 1964年の東京オリンピック開催から半世紀。この間に日本人の平均寿命は世界一になり、健康王国として君臨してきました。その中で、健康増進へのスポーツの寄与は計り知れないものがあります。しかしながら、オリンピックのような大きなイベントから、健康増進という日常に即した効果まで、スポーツが光として注目を集める一方で、その周辺に作られる影の部分は見逃されがちです。
 この度、一般社団法人 先端医科学スポーツアカデミー(AMSA)は、そのスポーツに関わる光の部分ではなく、影となっている部分にスポットを当てたいという強い気持ちから、健康・パフォーマンスの教育啓蒙の柱を自律神経と腸内環境に置き、立ち上げられました。

1)脊髄損傷等、スポーツで受傷をした選手へのリハビリ、社会復帰へのサポート
2)選手としての生活が終了した後のセカンドキャリアのサポート
3)医療従事者、トレーナー、鍼灸師、整体師等のコミュニケーションの場の提供と教育
4)科学的根拠のあるトレーニング理論・方法の提供
5)研究発表の場の提供

 上記はスポーツ関連の影となり、現状では十分な考察・配慮ができているとは言えない部分です。これらの環境の打破を目指し、少しでも、スポーツ界への貢献がなされるよう努めて参ります。
 また、高齢者割合の急増、社会保障費の限界など、先々への環境は不安に満ち溢れています。ストレスによる、社会離脱、自殺者の増加も歯止めをしりません。
 AMSAでは、上記のスポーツの影に対する活動により、そこで得られた知識や情報を、若年層への教育として伝え、早くから正しく幅広い知識を持ってもらう試みや、スポーツ指導者を育成する試みを行い、社会全般にもその活動を還元し、少しでもみなさまの健康に寄与できるよう努めて参ります。少しでもご賛同をいただければ幸甚です。

平成29年吉日

一般社団法人 先端医科学スポーツアカデミー(AMSA)
理事 小林 弘幸

入会のご案内
本アカデミーの趣旨に賛同いただける方

先端医科学スポーツアカデミーへの入会

資格認定制度
AMSAでは所定のカリキュラムを受講し合格をした方に、
AMSA認定の指導員、トレーナー、講師の資格を与え、
AMSAの理念を広く普及するための活動を行っていただいております。

資格認定制度